外部からの苦情をストップ!{防音工事でストレスのない生活を}

防音工事について

防音工事とは何か

Engineer Work

都会に住む場合には、少しの声や音でも近所のトラブルに発展します。マンションやアパートの集合住宅では特に防音が大きな課題となってきます。もし、隣の家の笑い声やテレビの音がうるさくて眠れない、勉強や仕事に集中することができないというのであれば、管理会社を通して苦情を言いたいところです。 ですが、管理会社もなかなか動いてくれません。よほど強く何度も言えば別ですが、廷々はポストに「住人の皆様へ」というチラシを入れて終わってしまいます。 もし、個人的に防音工事をするのであれば、防音シートを買ってきて貼り付けるという方法もありますが、難しい場合は業者に頼んでみてもいいでしょう。ただし、賃貸の場合は原状回復義務がありますので注意が必要です。

お店の場合はどうか

個人の住宅ではなく、お店の場合、特にカラオケ店やスナック、ペットのホテなど人の声やペットの声など大きな音が外に漏れてしまうお店の場合は、防音工事を本格的に行う必要があります。もし、新しく建物を建てる場合には壁を作る時に防音用のシートを入れる必要があります。 また、すでに建物が建っており、その建物を改築する場合は、壁をスケルトンにして防音用のシートを入れる必要があります。防音工事の費用は、その建物やどの範囲で防音工事を行うかによって変わってきますので、一概にどれくらいかかるかということははっきりとは言えませんが、おおよそ200万円から500万円ぐらいはかかるのです。少なくともあとで近所でトラブルが起こるよりはお金をかけて防音工事をするほうがましと言えるでしょう。